使徒とは?

エヴァンゲリオン(使徒)使徒(シト、Angel)とは、NERV(ネルフ)本部のある第3新東京市に襲来する、謎の生命体の呼称である。個々の使徒の名前は、死海文書からつけられているらしい。他の使徒と連携することはなく、必ず単体で襲来する。各使徒の名前の由来は、聖書偽典のエノク書の天使名に由来する。漫画版ではサンダルフォン、マトリエル、イロウル、レリエルの存在が抹消されており、アニメ版の使徒の数が全17体(リリンを除く)なのに対し全13体(漫画版ではミスにより第7使徒が2回カウントされている)となっている。また、2007年9月1日に公開された新劇場版では、第5の使徒を倒した時点でのゲンドウの「あと8体」という台詞から、こちらも全13体であると推測できる。

新劇場版においてサキエル以降(確認できるのはラミエルまで)の使徒のナンバリングがひとつづつずれている。空席となった第3の使徒についての説明や表現などはなく、続編への謎となっている。

尚、漫画版・アニメ版とは別に、ゲームに登場する使徒も存在するが、これらは『イレギュラー』扱いされ、カウントされていない。

使徒の襲来目的は、第3新東京市地下の空洞内にあるNERV本部に幽閉される第1使徒アダム(実際に幽閉されていたのはリリス)と融合し、サードインパクトを引き起こすことによって、人類の滅亡を図ることであるとされる。使徒は生命の実(S2機関)を、人間は知恵の実(限りある命の代わりに知能)を得ており、両者は対極の立場にある。

 

エヴァンゲリオンにおける使徒の意味合いとは?

使徒に関する設定は制作の経緯から何度か変更されたため、新旧設定が錯綜している。例えば、下記にある「第1始祖民族」の設定は、企画書段階で存在した設定であったがアニメ内では一切触れられておらず、2003年に発売されたゲーム『新世紀エヴァンゲリオン2』で、アニメの内容に適合させて現れたものである。現時点において公にされた諸設定を統合すれば、下のようになる。

使徒は第1始祖民族が造りあげた「月」をその起源としている。月は宇宙から飛来し、地球には2つの月が落下した。通称「白き月」にあった始祖アダムが第3 - 16の使徒を産み出した(第17使徒は人為的に造られた)。一方、通称「黒き月」にあった始祖リリスは原始生命を生み出し、その進化の先に第18使徒、つまり人類がいる。それぞれの月は地下の大空洞(ジオフロント)として知られているが、実際にはそこから発生した生命の魂が帰り再生を待つ場所、「ガフの部屋」と呼ばれる。

本来は白き月のアダムから生まれた使徒が地球を支配する生命体となる予定だった。しかし何らかの理由により、アダムは活動を停止し、黒き月のリリスが産み出した生命が地球を支配することとなった。その進化の果てに生まれた人類は寿命が限られた代わりに高い知能を持つ。

人間を、肉体的・精神的に傷付け合う出来そこないの群体と規定し、これを人工的に進化させようとしたのが、ゼーレによる人類補完計画の目的である。

様々な姿や能力を持つが、構成素材の差こそあるものの信号の配置と座標の99.89%までは、人類の遺伝子と共通である。由来は、人間の個人の遺伝子の差から。

コアと呼ばれる赤い光球を持ち、それを破壊されることで活動を停止する。S2機関(スーパーソレノイド・エンジン)と呼ばれる永久機関を体内に持つ(コアとは別のものである)。A.T.フィールド (Absolute Terror Field) と呼ばれる、不可視の防壁(干渉等により可視となることもある)を周囲に展開し、通常兵器ではそれを突破することができない。そのため、同種の防壁を展開することで、相手のA.T.フィールドを侵食・中和できるエヴァンゲリオンのみが、人類の保有する唯一の対抗手段である。

独自の波長パターン (Blood Type) を持ち、青 (blue) であれば使徒と判定される。使徒でない場合はオレンジであるが、具体的にどう違うのかは劇中では語られなかった。劇場版にはA.T.フィールドの波長パターンとしてレッドも存在する。また、パターンが青とオレンジの間を遷移する、または自在に変換できる使徒も存在する。なお、初号機に取り込まれた碇シンジのサルベージ中にセピアが確認されたことがある。

「パターン青」の由来は、昭和53年(1978年)公開の東宝映画『ブルークリスマス BLOOD TYPE:BLUE』からであると公式にはアナウンスされている。

 

第一使徒:アダム (ADAM)

エヴァンゲリオン(第1使徒:アダム)この使徒との接触がセカンドインパクトを引き起こしたとされ、ゼーレの推進する「人類補完計画」の要である。名前の由来は、最初の人間(男性)であるとされる『アダム』から。

サキエルからアルミサエルまでの使徒を生み出した「生命の起源」の1つ。また、エヴァンゲリオン初号機を除く全てのエヴァンゲリオンの元となっている(零号機に関しては異説あり)。南極の「白き月」内部で発見された。これを卵に還元しようとする作業の途中に覚醒し暴走、セカンドインパクトが発生。バラバラの肉片と化したがその後、その肉体は胎児状にまで復元され、最終的には碇ゲンドウの右の掌に埋め込まれた。この描写はビデオフォーマット版の第弐拾四話と劇場版に存在する。漫画版にはSTAGE.71にゲンドウがアダムを喰う描写がある。また、魂は別に人型の肉体を与えられ、第17使徒タブリス=渚カヲルとして存在している。

 

 

第二使徒:リリス (LILITH)

第2の使徒については正式のアナウンスがなく、第18使徒リリンの母たるリリスをここに擬す解釈が多数派であった。その後バンダイから発売されたカードダスや、PS2のゲーム『新世紀エヴァンゲリオン2』で第2使徒がリリスと発表された。これに続き、ガイナックスから使徒を擬人化したキットシリーズ『使徒XX』において「A-02 LILITH≒XX」がリリースされ、さらにエヴァンゲリオン・クロニクルでもこの事実が明記された。そして『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』で、アニメで初めて設定が明言された。名前の由来は、アダムの最初の妻であるとされる『リリス』から。

エヴァンゲリオン世界の地球において、人類を含むその後の全ての地球上の生物の始祖である原始生命を生み出した、アダムとは別の「生命の起源」の1つ。特務機関NERV本部の地下深く、ターミナルドグマに磔にされている。エヴァンゲリオン初号機はEVAのうち唯一リリスから生み出されたものである。リリスの魂は、魂の宿ることがなかった綾波レイの肉体に移されている。

リリスの顔には7つの目の面がはりつけられているが、これは「ヨハネ黙示録」第5章6節の目が7つある羊を描いた、スペインのサン・クレメンテ聖堂(現在はバルセロナのカタルニア美術館所蔵)の12世紀のフレスコ画から借用したものと思われる。これは、ゼーレのマークにもなっている。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」では、7つの目の仮面に代わって、第4の使徒との顔と同じデザインの仮面を被せられている。外見上の違いは、胸に大きな傷があり(これはリリスのデザインを担当したOKAMAによると、人類が調査を行った跡)、ロンギヌスの槍がこの段階で刺されており、さらに小さな十字架状の杭が傷跡に沿って複数打ち込まれている。また、ネルフ職員に対しても存在そのものが秘匿されていたテレビ版と異なり、「リリスに使徒が接触するとサードインパクトが発生するため、これを防がなくてはならない」という特務機関ネルフの最大目的が職員一同に認識されている。

 

第三使徒:サキエル (SACHIEL)

エヴァンゲリオン(第3使徒:サキエル)テレビ版の第壱話、第弐話に第3使徒として登場した。

名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「水」を司る天使・木曜日の守護天使『サキエル』から。

セカンドインパクト以来、15年ぶりに出現した使徒。最初は近接戦闘のみを行っていたが、国連軍のミサイル攻撃から、長距離攻撃も覚える等、戦闘中に進化をする面も見受けられた。

N2地雷によってダメージを受けた際に2つ目の顔を出現させている。エヴァンゲリオン初号機の初陣となった戦闘では、初号機の右目を掌から出る光の槍の様な物(「光のパイル」と呼称されている)で貫き、一時は初号機を活動停止に追い込んだものの、再起動&暴走した初号機の手によってA.T.フィールドを破られた後にコアに亀裂を入れられ、身体を球状に丸めて初号機を巻き込み自爆、しかし初号機の殲滅は果たせなかった。本アニメの企画書第2版によれば、本来は第八話で、国連艦隊に護衛された弐号機と戦うためにデザインされた使徒であるが、最終的には第壱話へ転用された。

サキエル、シャムシエル、ゼルエルのデザインは漫画家のあさりよしとおによるもの。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」では第4使徒として登場した。外見にテレビ版との差異はあまりないが、テレビ版では血の色が青なのに対し新劇場版では他の使徒と同じ赤色であり、自爆の際に大量の血の雨を降らせた。

 

第4使徒:シャムシエル (SHAMSHEL)

エヴァンゲリオン(第4使徒:シャムシエル)テレビ版第参話に第4使徒として登場した。

名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「昼」を司る天使・エデンの園の天使の王子『シャムシエル』から。

筒状の身体に、鞭状の腕部を持つ使徒。イカに近い形をしており、海から出現した。出撃したエヴァンゲリオン初号機によってコアを破壊され、活動を停止。コア以外はほぼ無傷だったため、NERVによって使徒のサンプルとして回収された。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」では第5の使徒として登場し、背面にアニメ版では確認できなかったサキエルと同じ顔がついており、更には攻撃に使うわけではないが、腹部の複数の節足を盛んに動かす。これはテレビ版においてできなかった演出を実現したものである。また、顔面に相当する部位にも短い触覚のような足が2脚みられる。戦闘時のストーリーはテレビ版とほぼ同様だが、プログレッシブナイフでコアを破壊された後、2本の触手を残して爆発し血の雨を降らす。触手以外の組織はコアも含めて全て消失した。

 

第5使徒:ラミエル (RAMIEL)

エヴァンゲリオン(第5使徒:ラミエル)テレビ版第伍話、第六話に第5使徒として登場した。

名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「雷」を司る天使・復活を待つ魂の管理者・幻視を司る天使『ラミエル』から。

正八面体の形状を持つ使徒。コアを内部中心に収蔵し、強力なA.T.フィールドを展開するとともに、一定距離内に侵入する脅威目標には強力な加粒子砲による狙撃を行なう。出撃直後の初号機を中破させた後、NERV本部へ、身体下部から伸ばしたボーリング・マシン(直径17.5Mの巨大ドリル・ブレード)によって侵入しようとしたが、日本全国の電力を徴用して実施された、エヴァンゲリオン初号機と零号機による超長距離からの陽電子砲(ポジトロン・スナイパー・ライフル)による狙撃(ヤシマ作戦)により撃破される。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」では第6の使徒として登場。正八面体を基本とするが、攻撃時・防御時には「四次元立体を三次元空間に投影した」というコンセプトに基づいた、様々な形態に目まぐるしく変化する(この際中央にコアが見える)不定形である。また、ジオフロントへの掘削攻撃に用いるドリルも、内部から出てくるのではなく、正八面体の下部が伸びてドリルを形成する。加粒子砲の攻撃もそれに合わせて多彩になっており、最大の攻撃では山を半分吹き飛ばすほどの威力を誇る。

初号機の陽電子砲による1回目の狙撃が命中するも、致命傷とはならず反撃するが、零号機の盾に阻まれ、2射目で殲滅される。なおその際、本体だけでなくジオフロントまで到達したドリル部も破裂し、ネルフ本部に血の雨を降らせた。

 

第6使徒:ガギエル (GAHGIEL)

テレビ版第八話に第6使徒として登場した。

名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「魚」を司る天使から。

エヴァンゲリオン弐号機(B型装備)を輸送中の艦隊を襲った使徒。その姿は深海魚に似ている。起動した弐号機を水中に引きずり込むが、戦艦イリノイ、ケンタッキー2隻による口内への零距離射撃により殲滅される。アニメ版ではエヴァンゲリオン1機にパイロット2人(シンジとアスカ)が乗り込んで出撃したため、意外かつ非常に貴重な戦闘データをもたらした。漫画版ではアスカ1人で殲滅している。


第7使徒:イスラフェル (ISRAFEL)

テレビ版第九話に第7使徒として登場した。

名前の由来はイスラム教の「音楽」を司る天使『イスラフェル』から。

使徒中、唯一イスラム教の天使から名前がとられている(ただしイスラフェル(イスラーフィール)の名自体はクルアーンに登場していない)。

当初は1体で襲来したが、同型の2体に分裂する能力を持っていた使徒。片方が傷ついても分裂したもう1体が無事なら瞬時にダメージを回復し、緒戦では初号機と弐号機を活動停止に追い込んだ。しかし、再度の襲来時には初号機と弐号機によるコアへのユニゾン攻撃により撃破される。

 

第8使徒:サンダルフォン (SANDALPHON)

テレビ版第拾話に第8使徒として登場した。

名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「胎児」を司る天使・天使の牢獄とされる第五天マホンの支配者『サンダルフォン』から。

浅間山火口において卵状態で発見された使徒。孵化後は、アノマロカリスとカレイをもとにしたような形状。活動を始める前の、いわば卵のような状態であったため、A-17(使徒捕獲作戦)の対象とされるが、作戦実行中に孵化を始めたため、作戦は中断。捕獲作戦にて出撃していた対高熱高圧仕様(D型装備)のエヴァンゲリオン弐号機により熱膨張を利用して撃破される。

漫画版にこの使徒は登場していない。

 

第9使徒:マトリエル (MATRIEL)

テレビ版第拾壱話に第9使徒として登場した。

名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「雨」を司る天使から。

「事故」(実際は何者かに因る破壊工作)により停電中のNERV本部に襲来した、ザトウムシのような形態をした使徒。またもっとも弱い使徒とも言われパレットライフルによる約5秒間の掃射で沈黙する。目のような模様があり、地面に面した目から強力な溶解液を流し込みNERV本部に侵入しようとしたが、手動操作で出撃したエヴァンゲリオン3機による連携攻撃(弐号機が溶解液を受け止め零号機がライフルを拾い初号機が撃つ)によって撃破される。

漫画版にこの使徒は登場していない。

 

第10使徒:サハクィエル (SAHAQUIEL)

テレビ版第拾弐話に第10使徒として登場した。

名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「空」を司る天使から。

衛星軌道上から自らの身体を質量爆弾として落下させ、NERV本部を破壊しようとした使徒。出現当初は自身の一部を切り離して落下させ着弾点を確実に誤差修正しながら、最後には本体もろとも落下を開始するが、エヴァンゲリオン3機による連携で受け止められ、最後はコアにプログナイフを突き立てられて目論見は阻止された。

漫画版ではイスラフェルが「第七使徒」なのにもかかわらず、こちらも「第七使徒」とされている。

 

第11使徒:イロウル (IREUL)

テレビ版第拾参話に第11使徒として登場した。

名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「恐怖」を司る天使から。

微生物状の使徒であり、その実態は他の使徒とは異なり群体で、多くのナノマシンの集合体。自らの弱点となるものに遭遇しても、環境に適応するために異常な速度で自己進化、全体としての生存を図る特性を持つ。自身でアダムに接触するのではなく、その目的の障壁になるNERV本部のメインコンピュータMAGIシステムに侵入し、NERV本部自爆コマンドを実行し障害を排除しようとした。

シグマユニットD-17の第87蛋白壁の搬入時に寄生、プリブノウボックスの模擬体を浸食しシグマユニットを汚染。サブコンピュータから保安部のメインバンク経由でMAGIのクラッキングに成功。メルキオール、バルタザールを乗っ取ったが、リツコがカスパーから進化促進プログラムを投与した結果、進化の終局=死へと至らしめられ自壊した。

唯一、エヴァンゲリオン以外の方法で殲滅された、特異な使徒である。

漫画版にこの使徒は登場していない。

 

第12使徒:レリエル (LELIEL)

テレビ版第拾六話に第12使徒として登場した。

名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「夜」を司る天使から。

空中に浮かぶ球形の影と平面的な身体を持つ使徒。球体の直下に広がる影のようなものこそがこの使徒の実体であり、空中に浮かぶ球体はその影である。自身が攻撃された際にその攻撃した対象の真下に本体を瞬間移動する能力を持っている。内向きのA.T.フィールドによって支えられた厚さ約3ナノメートルの「実体」の内部には、虚数空間(ディラックの海)が広がっている。エヴァンゲリオン初号機を虚数空間内部に取り込むも、暴走した初号機によって内側から引き裂かれた。

漫画版にこの使徒は登場していない。

 

第13使徒:バルディエル (BARDIEL)

テレビ版第拾八話に第13使徒として登場した。

名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「霰」を司る天使から。

粘菌状の使徒(『赤いカビ』ともいわれている)。侵蝕型の使徒で侵蝕した物質の性質を変える力があり、また侵蝕した生物の身体能力を高めることができる。長野県松代での起動実験のため、NERVアメリカ支部から日本へ空輸中のエヴァンゲリオン3号機に侵入・侵蝕し、搭乗中のフォースチルドレン、鈴原トウジもろともその支配下に置いた。弐号機と零号機を瞬時に撃破し、初号機と対峙するが、シンジは攻撃を拒絶。だがダミーシステムにより強制暴走させられた初号機によって、3号機もろとも撃破される。撃破された際にトウジは、アニメでは左足を失いつつも生存しているが、漫画版では右足切断、脾臓破裂、頭部裂傷、後に死亡。

 

第14使徒:ゼルエル (ZERUEL)

テレビ版第拾九話に第14使徒として登場した。

名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「力」を司る天使から。

最強の使徒。ずんぐりとした体躯に、折り畳んだ帯状の腕部(展開、カッターとして使用)を持ち、空中を浮遊して移動する。身体上部の顔状の部分からは強力なビームを発射し、ラミエルが突破に十数時間を要したジオフロント上部の特殊装甲を、瞬時に溶解させるほどの攻撃力を持つ。コアをまぶたの様なシールドで護る事ができる。

ジオフロント内に侵入後、迎撃に出たエヴァンゲリオン弐号機の攻撃を全く寄せ付けず、両腕・頭部を切断。エヴァンゲリオン零号機のN2爆弾によるコアへの直接攻撃(シールドを展開した状態で)に対しても全く傷を負わず零号機の頭部を切断。ついにはNERV本部内へと侵攻、エヴァンゲリオン初号機によってジオフロントまで後退させられたが初号機の電源が切れたのと同時に攻撃を再開、初号機を敗北寸前にまで追い込むがエヴァンゲリオン初号機が覚醒したことによって殲滅・捕食された。

 

第15使徒:アラエル (ARAEL)

テレビ版第弐拾弐話に第15使徒として登場した。

名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「鳥」を司る天使から。

光る鳥のような形状を持ち、最初に人の心に迫った使徒。衛星軌道上から詳細不明の可視光エネルギー波によってエヴァンゲリオン弐号機パイロットに精神攻撃を仕掛けて活動停止に追い込んだが、エヴァンゲリオン零号機の投擲したロンギヌスの槍により撃破される。ロンギヌスの槍は月の衛星軌道上に取り残され、回収不可能と判断される。

 

第16使徒:アルミサエル (ALMISAEL)

テレビ版第弐拾参話に第16使徒として登場。

名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「子宮」を司る天使『アルミサエル』から。

光るDNAのような、二重らせんの円環構造(プラスミドに類似)を持つ、アラエルに続き人の心に迫った使徒。対象物を侵食し、融合しようとする習性を持つ。迎撃に出たエヴァンゲリオン零号機に侵食、融合しようとするが、同機の自爆により撃破される。漫画版では分離能力を持っており、綾波レイが搭乗する零号機、渚カヲルが搭乗するエヴァンゲリオン弐号機との戦闘で、零号機を侵食し、弐号機の左足を破断。エヴァンゲリオン零号機の自爆によって殲滅された。

 

第17使徒:タブリス (TABRIS)

エヴァンゲリオン(第17使徒:タブリス)テレビ版第弐拾四話に第17使徒として登場。

名前の由来はユダヤ・キリスト教伝承の「自由意志」を司る天使から。この名前は本編中では明らかにされず、後に劇場版パンフレットなどでファンに示された。

ゼーレによってアダムの魂が人型の肉体に宿され、フィフスチルドレン・渚カヲルとしてNERV本部に送り込まれる。アラエル、アルミサエルに続き人の心に迫った最後の使徒。人類をリリンと呼び、歌を「リリンの生み出した文化の極み」と評するなど超然とした態度を見せる少年である。

エヴァンゲリオンとのシンクロ率を、自らの意思で自由自在に操ることができる。エヴァンゲリオン弐号機を外部からコントロールし、NERV本部のセントラルドグマを降下、最下層(ターミナルドグマ)に到達し、アダムを幽閉するヘヴンズ・ドア(天国の門)を開くも、そのアダムが実はリリスであったと知ると接触を中止、追撃したエヴァンゲリオン初号機に対しても抵抗の意志を見せず、握殺された。漫画版では登場時期や性格など異なる点が多い。

渚カオルの『渚』という字はテレビ版第弐拾四話のタイトル『最後のシ者』の『シ者』と掛けられている。

 

第18使徒:リリン (LILIN)

名前の由来は、アダムとリリスの娘達である、リリン(夢魔)から。

カヲルが人類を指していった言葉。劇場版でミサトにより、人類=リリン=第18の使徒であるという旨の解説がなされる。このほかにもシト新生のパンフレットにも人間=第18使徒という記述が散見される。